Blog&column
ブログ・コラム

コーヒー豆の自家焙煎とはどんなもの?

query_builder 2022/03/01
コラム
41
カフェやコーヒーショップなどで、「自家焙煎」という文字を見かけることがあります。
実際に自家焙煎をしてコーヒーを楽しんでいるという方もいますが、どういうものか知らないという方もいらっしゃいますよね。
そこでコーヒー豆の自家焙煎について分かりやすく紹介します。

▼コーヒー豆の自家焙煎とは
焙煎前の生豆を仕入れて、自分で焙煎の作業を行うのが「自家焙煎」です。
コーヒー豆本来の香りや味を楽しめるのが自家焙煎の大きな魅力です。
焙煎には「直火型焙煎・熱風式焙煎・半熱風式焙煎・炭焼き焙煎」などの方法があり、業務用だけでなく、家庭用の焙煎機も販売されています。
コーヒーの風味などを決める重要な工程の1つが焙煎です。
焙煎後は、4~5日経つと味が落ち着き、美味しく風味が楽しめるようになります。
コーヒーを美味しく楽しみたいと考えている人には、自家焙煎のコーヒー豆は人気があります。
風味が良いコーヒー豆を手に入れたいなら、自家焙煎のコーヒー豆を試してみましょう。

▼まとめ
病気などのトラブルにより仕事への復帰が難しくなった方などが利用しているのが、就労継続支援です。
就労継続支援事業では、自家焙煎コーヒー豆の詰め合わせ作業やクッキーなどの販売を通じ、社会復帰を後押しするための取り組みを行っています。
大阪市の「特定非営利活動法人あべのひまわり」では、就労継続支援B型の事業として、自家焙煎コーヒー豆の販売などを行っております。
就労継続支援の利用をお考えでしたら、「特定非営利活動法人あべのひまわり」までお気軽にご相談ください。

NEW

  • 大阪市の事業所でボランティアさんによる昼食会

    query_builder 2021/04/26
  • 就労支援が始まるまでの流れは?

    query_builder 2022/10/02
  • 就労支援員とは?利用者をサポートする相談員として活躍

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE