Blog&column
ブログ・コラム

レクリエーションにはどんな意味があるの?

query_builder 2021/10/22
コラム
32
レクリエーションには「休養」や「娯楽」といった意味がありますが、なぜ障害者や高齢者向けの施設でわざわざ行われているのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
今回はレクリエーションを行う意味について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼レクリエーションの意味
レクリエーションを行うと、以下のような効果があることがわかっています。

・体の機能向上
・脳の機能向上
・気分転換
・周りとのコミュニケーションが円滑になる

こうした効果はレクリエーション以外にも、スポーツや仕事で得ることもできます。
しかし障害者や高齢者にとっては激しいスポーツや肉体労働は難しいですし、社会に復帰するための前段階として、レクリエーションには大きな意味があると言えるでしょう。

■実践的な訓練と並行することも大切
障害者の支援施設では社会復帰に向けた実務訓練を行っていますが、並行してレクリエーションの時間も大切にしています。
もちろん社会復帰に向けては実務訓練のほうが役立つのは言うまでもありませんが、集中量が必要な作業ばかりでは息が詰まり、また心身のバランスを壊してしまうことでしょう。
緊張を解き、心身の機能を向上させ、コミュニケーションによってストレスを解消できるレクリエーションの存在は非常に大切です。
特定非営利活動法人あべのひまわりでも、クッキー作りや自家焙煎珈琲の詰め合わせ作業などの就労支援の合間にレクリエーションの時間をはさむことで、利用者様の心の健康にしっかり配慮しています。

▼まとめ
障害をお持ちの方の中には、「ずっと休まず働き続けなければ意味がない」と思い込んでいる方も多いようです。
しかし人間には必ず「遊び」も必要で、仕事と同じくらい意味のあることなんですよ。
ぜひレクリエーションの時間もしっかり楽しんで、心と体の柔軟性を保っていってくださいね。

NEW

  • 大阪市の事業所でボランティアさんによる昼食会

    query_builder 2021/04/26
  • 就労移行支援を利用しても働けない理由は?

    query_builder 2022/07/05

CATEGORY

ARCHIVE