Blog&column
ブログ・コラム

精神疾患をお持ちの方が社会復帰するための「きっかけ」

query_builder 2021/10/01
コラム
29
精神疾患をお持ちの方の中には、もう社会復帰できないかもしれないという不安を抱えている方も多いかもしれません。
しかし、きっかけさえあれば社会復帰は必ず叶いますよ。
今回は精神疾患をお持ちの方が社会復帰するきっかけについて解説しますね。

精神疾患があっても社会復帰できる!
精神的な疾患を発症すると、急に社会とのつながりが遠いものに感じられる方も多いようです。
しかし精神疾患をお持ちであっても何の行動もできないというわけではありません。
周囲にそれなりの理解があれば、精神疾患をお持ちの方でも社会復帰を叶えることはできるでしょう。

■どんなきっかけが必要?
精神疾患があると、自分から行動を起こすことに大きなストレスを感じる場合も多いと思います。
こうした現状を踏まえて、近年は精神疾患をお持ちの方を積極的にコミュニティに受け入れる動きが盛んになってきています。
その中のひとつが就労継続支援を行っている団体です。
こうした団体では、企業への就職という形での社会復帰が難しい方向けに「就労継続支援B型」という働き方を支援しています。
特定非営利活動法人あべのひまわりでも、販売用のクッキーや自家焙煎珈琲の詰め合わせ作業など、ノルマのない作業を通して、社会とのつながりを得ていただいています。
複数人で作業を行いますので、仲間を得るという意味でも重要なきっかけになるでしょう。

▼まとめ
精神疾患を発症すると一人でいる時間が長くなり、どうしても気持ちが後ろ向きになってしまいますよね。
しかしきっかけさえあれば社会復帰は必ずできますので、ぜひ支援機関を頼っていただき、少しずつ社会とのつながりを回復させていきましょう。

NEW

  • 大阪市の事業所でボランティアさんによる昼食会

    query_builder 2021/04/26
  • コミュニケーション能力を高めるにはトレーニングが必要

    query_builder 2022/01/15
  • マイペースで社会復帰出来る就労継続支援とは

    query_builder 2022/01/01

CATEGORY

ARCHIVE