Blog&column
ブログ・コラム

活動時間を有意義にするために生活リズムを整えよう

query_builder 2021/08/22
コラム
24
精神的な障害が原因で生活リズムが狂ったり、生活習慣が乱れたりすると、一般的な企業で仕事をしていくことに支障を来すことにもなりかねません。
仕事をする時間、すなわち活動時間を有意義なものにするためには、生活リズムを整えることから始めましょう。

生活リズムを整えることは元気になるための第一歩
うつ病などの心の病気になると、仕事に影響が出てしまうだけではなく、日常生活においてもさまざまな変化が現れます。
やる気が出なくなったり気分が落ち込んだりするだけでなく、生活リズムが乱れやすくなってしまいます。
生活リズムが乱れると、睡眠不足や食欲不振などを招き、体の健康も失われかねません。
活動時間を元気に過ごし、意欲的に物事に取り組む上で、生活リズムを整えることは欠かせないことなのです。

生活リズムを取り戻すことも期待できる事業所
就労継続支援B型の事業所には、生活リズムを意識したスケジュールで職業訓練の予定を組んでいるところが少なくありません。
毎日同じ時間に集まって、朝礼やラジオ体操で1日をスタートする等、決まった生活リズムで日々を過ごしていくことができます。
その結果、健康的な生活リズムを取り戻すことが期待できます。
生活リズムを取り戻すためのサポートをしてくれる事業所は、社会復帰を目指すための心強い環境だと言えます。

▼まとめ
活動時間には仕事や趣味に打ち込み、夜はしっかり眠る…このような生活リズムを整えることは、元気な毎日を送るための第一歩です。
就労継続支援B型の事業所で力を借りて生活リズムを取り戻すのも、ひとつの方法です。

NEW

  • 大阪市の事業所でボランティアさんによる昼食会

    query_builder 2021/04/26
  • コミュニケーション能力を高めるにはトレーニングが必要

    query_builder 2022/01/15
  • マイペースで社会復帰出来る就労継続支援とは

    query_builder 2022/01/01

CATEGORY

ARCHIVE