Blog&column
ブログ・コラム

就労支援a型についてご紹介

query_builder 2021/06/17
コラム
13
障がい福祉サービスの1つである就労支援は、病気や障がいを持つ方が働きやすい環境で仕事ができるようにするための支援サービスです。
就労支援にはa型とb型がありますが、今回は就労支援a型についてご紹介します。

▼就労支援a型の対象者
対象は年齢65歳未満で、特別支援学校を卒業し就職活動をしたが一般雇用に至らなかった人、就労移行支援事業を利用したが雇用に繋がらなかった人などです。

▼直接雇用を結べる
就労支援a型は、企業と直接契約を結んで働くことができます。
就労だけではなく、仕事をするうえで必要なスキルや知識を身につけるトレーニングもおこなわれます。

▼勤務内容
業務はそれぞれが持つ能力によって異なります。
レストランやカフェなどの飲食店、工場での軽作業、データ入力など仕事の種類が幅広い点が特徴です。
仕事の種類が多いため、自身に合った仕事を選べます。

▼勤務時間
勤務内容は一般の仕事と大差ありませんが、1日あたりの勤務は4時間前後などと短く設定されています。
ただ、勤務時間に関しては雇用場所によって異なるので、中には8時間程度働く場合もあります。

▼給与
就労支援a型は、企業と直接契約を結んでいるため最低賃金が保証されています。
しかし、同じ企業でも一般雇用よりも低くなる傾向が多いです。
平成30年の就労支援a型の月額平均給与は7万6,887円となっています。
また、近年の就労支援a型の月額平均給与は増加傾向にあると言われています。

▼まとめ
就労支援a型は、病気や障がいを持つ方の就労をサポートするための支援です。
自身の就労に関してお困りなら、まずは支援事業所に相談してみることが大切ですよ。

NEW

  • 大阪市の事業所でボランティアさんによる昼食会

    query_builder 2021/04/26
  • 知っておきたい就労支援の種類について解説

    query_builder 2021/07/22
  • 就労支援A型・B型と生活保護の併用についてご紹介

    query_builder 2021/07/15
  • 障がい者向けの就労支援制度についてご紹介

    query_builder 2021/07/08

CATEGORY

ARCHIVE