Blog&column
ブログ・コラム

うつ病からの社会復帰と段階とは?

query_builder 2021/06/09
コラム
11
うつ病を患っても、徐々に改善されてくれば社会復帰を考えると思います。
そこで今回は、うつ病からの社会復帰とその段階について見ていきましょう。

うつ病発症から社会復帰までの段階
うつ病を発症してから社会復帰するまでには、段階があります。
■治療期
うつ病は服薬やカウンセリングなどによって適切に治療を行えば、治る精神障害です。
そのため、治療期はとにかく治療に専念しましょう。
この時期に無理をして、少しマシになったからと急いで社会復帰すると、余計に悪化してしまう可能性があります。

■リハビリ期
心の病であるうつ病が回復してくると、何か行動したいという意欲が湧いてきます。
これが、リハビリ期に突入した目安と言っていいでしょう。
具体的には、治療に専念していたことで体力が落ちていますので、体力の回復が挙げられます。
また、うつ病を患うと論理的に物事を捉え、考える能力も落ちてしまいますので、文章を考えたり、計算をしたりといった認知機能におけるリハビリも必要です。

■職場の調整期
うつ病という精神障害には、必ず何らかの原因があります。
上司と合わない、人間関係がうまくいかない、仕事が大変といった具合です。
そのため、リハビリの段階が順調に進んできたら、職場の調整を行わなければなりません。
社会復帰先に、うつ病を発症した原因と同じ要素がないかどうか、慎重に調べないといけないからです。
こうした職場の調整期の段階では、社会復帰を後押ししてくれるサービスを利用するといいでしょう。
さまざまな相談に乗ってくれますので、安心して社会復帰へと段階的に進めていくことができます。

▼まとめ
うつ病は治療によって治る精神障害でもありますので、きちんと段階を経て社会復帰することが大事です。
当事業所では、心の病から職場を離れ、社会復帰が不安という方のご相談を承っております。
無理のない仕事での社会復帰も可能ですので、まずはお話をお聞かせください。

NEW

  • 大阪市の事業所でボランティアさんによる昼食会

    query_builder 2021/04/26
  • 知っておきたい就労支援の種類について解説

    query_builder 2021/07/22
  • 就労支援A型・B型と生活保護の併用についてご紹介

    query_builder 2021/07/15
  • 障がい者向けの就労支援制度についてご紹介

    query_builder 2021/07/08

CATEGORY

ARCHIVE