Blog&column
ブログ・コラム

精神障害を患ってしまった時の仕事は?

query_builder 2021/05/09
コラム
6
精神障害にもいろいろありますが、何らかの疾患を患ってしまった時、仕事はどうすればいいのでしょうか。
今回は、精神障害を患った時の仕事について考えてみます。

精神障害と仕事
精神障害を患った時は、仕事についてしっかり考えることが大事です。
統合失調症という精神障害
統合失調症は思春期や青年期といった若い年代に発症することが多い精神疾患ですので、親御さんが仕事について考える必要があります。
統合失調症の症状は人によって異なり、興奮気味になる場合もあれば、閉じこもってしまうこともあるため、それぞれに合った仕事を考えることによって、仕事も上手くこなせるようになるからです。

■何らかの原因で精神障害を患った場合
かつては年功序列で出世していけた日本ですが、今では欧米のように能力主義となっています。
その結果、若い上司から命令される年上の部下という構図が出来上がり、人間関係でストレスを抱える人が少なくありません。
こうしたケースで患う精神障害が、うつ病をはじめとする気分障害です。
仕事に行く気が失せたり、不眠や食欲不振といった症状が現れます。

精神障害を患った時は仕事の考え時
統合失調症の場合、最初の仕事選びが重要です。
統合失調症という精神障害でもこなせる仕事を選べば、長続きするでしょう。
うつ病などでそれまでは普通にできていた仕事ができなくなった場合の精神障害では、リハビリ期間が求められます。
「自分は仕事ができる」という自信を再び取り戻すためにも、無理せずできる仕事を見つけることが大事です。

▼まとめ
精神障害と言ってもさまざまなタイプがありますので、どんな精神障害を患っているかによって仕事についても考えなければなりません。
当事業所では、統合失調症の方はもちろん、リハビリ期間を要する方にも適した就労継続支援B型でサポートいたします。
簡単な作業から、仕事に取り組んでみませんか。

NEW

  • 大阪市の事業所でボランティアさんによる昼食会

    query_builder 2021/04/26
  • 就労支援a型についてご紹介

    query_builder 2021/06/17
  • 一般就労の定義とは?

    query_builder 2021/06/13

CATEGORY

ARCHIVE