Blog&column
ブログ・コラム

精神障害の種類とは

query_builder 2021/05/05
コラム
2
精神障害とは1つの病気を指すのではなく、いくつかの種類に分かれます。
今回は、精神障害の種類について見てみましょう。

精神障害の代表的な種類
精神障害という病気には、代表的な種類があります。

統合失調症
思春期や青年期に発症することが多い精神障害で、福祉によるサポートが必要とされる精神障害です。
人によって症状はさまざまで、被害妄想や幻聴から興奮状態に陥ることもあれば、感情が平板する人もいます。
また、意欲が低下し、自ら行動を起こそうという気になれないため、閉じこもりがちになるのも特徴です。

■気分障害
うつ病や躁うつ病が該当し、年齢に関係なく精神障害をきたすタイプです。
特にうつ病の場合、いきなりうつ病を発症するのではなく、不眠や食欲減退、気分の落ち込みなどのうつ状態から始まり、だんだんと症状が重篤化していきます。
たいていの場合は、人間関係や仕事などでストレスを抱えているといった原因がありますので、早めに対処することで改善が可能です。

■神経症・ストレス関連障害
突然強い不安を覚え、動悸や呼吸困難を起こすパニック障害や、人と接することに極度の恐怖を感じるといった、特定の物事に関する恐怖症です。
また、極度の不安や恐怖を経験したことで、関連した出来事を思い出して怖くなってしまう心的外傷ストレス障害、いわゆるPTSDも含まれます。

▼まとめ
精神障害には、いくつかの種類に分類されることがわかりました。
いずれの種類においても、日常生活ではサポートが必要です。
当事業所はクッキーなどの製品作りや、自家焙煎珈琲の詰め合わせ作業といったノルマのない作業で、無理なく社会活動に参加できるように支援しておりますので、まずはご相談ください。

NEW

  • 大阪市の事業所でボランティアさんによる昼食会

    query_builder 2021/04/26
  • 就労支援a型についてご紹介

    query_builder 2021/06/17
  • 一般就労の定義とは?

    query_builder 2021/06/13

CATEGORY

ARCHIVE